IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

ピョンチャン五輪 小林兄弟はそろって決勝へ

 2018年02月09日 11:20 更新

ピョンチャンオリンピックのスキー・ジャンプ、男子ノーマルヒル予選が8日夜、行われ八幡平市出身の小林潤志郎選手と、陵侑選手が兄弟そろって決勝進出を決めました。
初出場で八幡平市出身の小林潤志郎選手は、K点超えの101メートルを飛び、日本人トップの18位で決勝進出を決めました。試合後、潤志郎選手は「105メートル以上飛ばないと、メダル争いに食い込めないと思うので、もっと修正してメダルを目指してがんばっていきたい」と話していました。弟の陵侑選手はK点の98メートルまで伸ばし、21位で決勝進出です。試合後、陵侑選手は「初めてのオリンピックなので、緊張せずに自分の力が出せればいい」と話していました。スキー・ジャンプ男子ノーマルヒル決勝は10日夜行われます。

今日のニュースエコー

平昌五輪レポ▽岩渕選手ビッグエアへ▽雪合戦日本代表 ほか 県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2018/02/19 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。