X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

ラグビーカナダ代表が中学生と交流/岩手・盛岡市

 2019年09月05日 18:54 更新

盛岡で合宿を行っている7人制女子ラグビーのカナダ代表選手らが、5日、市内の中学校を訪れました。一緒に給食を食べ、パス練習をするなどして交流を深めました。

カナダ代表の選手とスタッフ5人が訪れたのは、盛岡市立土淵中学校です。

「いただきます!」

カナダ代表チームは今月2日から盛岡で合宿を行っています。滞在中、練習だけでなく盛岡や日本の文化を体験する時間や市民と触れ合う時間を設けており、5日はその一環で中学校にやってきました。市内の小中学校では今週、ホストタウン給食としてカナダにちなんだ給食を提供しています。5日は選手たちも3年生と一緒に鶏肉のホワイトソースライスやカナダ特産のメープルシロップ使ったマフィンなどを味わいました。給食を食べながら生徒たちが英語で質問する場面もあり、交流を深めていました。

(生徒)
「すごく楽しかったし、英語で話すのは大変だったけれどラグビーのことをたくさん知ることができた。カナダのこと、日本のことをお互い話したのでいい体験になった」
「女子ラグビーも知りたいと思ったし、興味がわいた。日本も応援したいけどカナダの選手ももっと応援したいと思いました」

給食の後は、校庭に出て選手と一緒にパスを体験。ラグビーではボールを前にパスしてはいけないなど基本的なルールを教わりながらパス回しを楽しんでいました。

(テミー・オガンジミ選手)
「生徒から質問を受けたり、私も聞いたりした。英語が少しできたのでコミュニケーションを取れたし、私も知っている日本語で交流できて、とても楽しかったです」

最後は生徒たちが寄せ書きした応援のノボリが選手たちに贈られ、およそ1時間の交流を終えました。カナダ代表は今月8日まで盛岡に滞在し、7日には日本とのエキシビションマッチが行われます。

月曜日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/09/23 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。