X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

知事と県議選の当選者に証書付与/岩手

 2019年09月10日 18:54 更新

岩手県知事選挙で4選を果たした達増知事と、岩手県議会議員選挙で当選した人たちに対して、10日、当選証書が手渡されました。任期は11日にスタートします。

午前11時、やや緊張した面持ちで、県庁での当選証書付与式に臨んだ達増知事。県選挙管理委員会の八木橋伸之委員長から当選証書を手渡されると、改めて当選の喜びを噛みしめました。

(達増知事)
「関係法令に基づいて正式に当選を通知いただき、ありがたい気持ちがわいてきましたし、しっかり頑張らなきゃならないなという気持ち」

また、10日は県議選で当選した人たちへの当選証書の付与も県内各地で行われました。このうち盛岡市内丸の県水産会館では、盛岡のほか、紫波、滝沢、八幡平のあわせて4選挙区で当選した人たちに当選証書が手渡されました。今回の選挙で初当選した新人にとっては、初めての当選証書です。

(自民・高橋康介氏)
「新人ながら当選させていただきまして、謙虚に感謝の気持ちを忘れずにやっていきたいと思います」
(公明・小林正信氏)
「岩手県の公明党の唯一の一議席なので、荷が重い気分ですが、しっかり務めていきたいと決意しています」

知事と県議の任期は、11日から4年間で、今月18日には県議にとって改選後初の全員協議会が開かれ、翌19日に招集される正副議長を決める臨時議会の日程などについて協議します。

月曜日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/09/23 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。