X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

伝統の「うさぎ狩り」 今年の成果は?/岩手・遠野市

 2019年10月09日 18:54 更新

遠野市の岩手県立遠野高校で9日、大正時代からの伝統行事「うさぎ狩り」が行われました。最後にウサギを捕獲できたのは40年前。今年は捕獲できたのでしょうか?

うさぎ狩りは遠野高校で2年に一度行われる伝統行事で、全校生徒で協力して野生のウサギを捕まえようというものです。高校に残っている最も古いうさぎ狩りの記録は1918年。当初は農作物を荒らすウサギの駆除が目的でしたが、時代と共に軍事訓練や食料確保へと変わり、現在は生徒たちの親睦を深める交流イベントになっています。

今年の狩場は学校から8キロほど離れたわらび峠。生徒たちは山のふもとから狩場まで4キロ余りの道のりを、40分ほどかけて歩きます。最後にウサギを捕獲したのは40年前の1979年。生徒たちも今年こそはと意気込みます。

(生徒)
「例年、ウサギが捕まっていないのでぜひ捕まえたい」
「3年生として1、2年生を支えるようにしてウサギを捕まえられたら」

(合図)
「出陣!」

合図を聞いて一斉に草むらへと飛び込む生徒たち。身長よりも高い草をかき分け、懸命にウサギを探します。すると…。

草むらで見つかったのは1匹の白いウサギ!生徒たちもその姿に大興奮です。

(生徒)
—ウサギを見つけられると思っていた?
「全然思っていなくて、40年ぶりにウサギが捕れて自分でもびっくりしています」

40年ぶりの快挙!…かと思われましたが、実はこれ、生徒の保護者が飼っているウサギで、イベント用にサプライズで用意されたものでした。それでも全校で一致団結して臨んだうさぎ狩りに生徒たちも大満足です。

(生徒)
「いい行事だと思います。今後も続けていって、今度はもっとウサギをいっぱい捕まえられるようにしてほしいと思います」

9日の成果は、生徒が着ぐるみで扮したウサギも含めて「3匹」。生徒たちは「2年後の次回こそは野生のウサギを」と意気込んでいました。

今日のニュースエコー

プロ野球ドラフト会議▽台風19号▽中津川べり20回 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/10/17 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。