X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

冬季パラリンピアンの特別授業/岩手・大槌町

 2019年11月20日 18:54 更新

大槌町の大槌学園で20日、特別授業が行われました。先生はノルディックスキーの元・選手で現在はテコンドーに転向し、東京パラリンピックで頂点を目指す女性アスリート。彼女が授業の中で伝えたこととは。

「違いを受け入れて相手を尊重する、相手を思いやるという事が大切と大会(パラリンピック)を通じて学んでほしい」

テコンドーの白い道着に身を包み、小中一貫の大槌学園で特別授業を行ったのは、太田渉子選手です。山形県出身の太田選手は左手に生まれつき障害があったものの、小学生で始めたスキーの才能を伸ばし、トリノ・バンクーバー・ソチのパラリンピックに3大会連続で出場。銀と銅、二つのメダルを獲得しています。スキー競技を引退後、テコンドーに出会った太田選手。現在はテコンドーで東京パラリンピック出場を目指しています。20日はこれまでに手にしたメダルの一部を披露したり、テコンドーの蹴り技を紹介したりして学園生との距離を縮めました。

(児童)
「挑戦って楽しい、という言葉が一番印象的でした」

(太田渉子選手)
「これから東北・未来を担う子どもたちなので、いろんなことに挑戦・チャレンジしてもらいたい」

学園生たちは太田選手を通じて、テコンドー競技と東京オリンピック・パラリンピックへの興味を深めた様子でした。

今日のニュースエコー

佐々木朗希ロッテ入団発表▽いわてこの一年(1)令和元年 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/12/09 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。