IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

IBC NEWS

身元不明遺体 大槌町の男性と判明/岩手

2019年11月28日 18:54 更新

今年9月、大槌町内の海域で男性とみられる骨の一部が見つかり、その身元が東日本大震災で行方不明になっていた大槌町の男性と分かりました。

身元が確認されたのは大槌町の当時50代の男性です。今年9月、大槌町の大槌湾にある蓬莱島から沖におよそ2.5キロ地点で、はえ縄漁をしていた男性が、人の骨の一部と長袖のトレーナーを発見し、釜石海上保安部が身元の特定を進めていました。鑑定の結果、DNAの型や行方不明時の着衣と一致したことなどから身元が特定され、遺骨は28日、家族に引き渡されました。家族の希望から男性の氏名は公表されていません。県内では震災の発生から8年8か月余りが経過した今も、49人の遺体の身元が分かっていません。
ニューストップ

最新のニュース

×