X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

JR盛岡駅にキャッシュレスの無人店舗/岩手

 2019年11月28日 18:54 更新

人手不足の解消へ向けた試験的な取り組みです。休業していたJR盛岡駅のホームの売店を、電子マネーなどを使って支払うキャッシュレス決済の店舗に改装し、営業再開を目指そうという動きです。

(リポート)
「急激に広まっているキャッシュレス化の波。盛岡駅のホームにも無人の店舗が登場です」

試行営業が始まったのはJR盛岡駅の新幹線上りのホームに店を構える「NewDays KIOSK 盛岡駅新幹線ホーム店」です。この店舗は、人手不足により今年の2月から休業が続いていましたが、現金以外の電子マネーなどを使って支払う、いわゆる「キャッシュレス決済」を取り入れ、無人での営業再開を目指すことになりました。東北6県のKIOSKの店舗で初となる試みです。

(リポート)
「支払方法は非常に簡単です。欲しい商品のバーコードをレジにかざし、支払方法を選択します。交通系電子マネーをかざして、支払完了です。時間のない駅のホームでも、スムーズに買い物をすることができます」

Suicaなどの交通系電子マネーとクレジットカードで支払うことができ、現金での支払いは出来ません。初日の28日は早速、新幹線を利用する人が飲み物やお土産を購入していました。

(利用者)
「ちょっと戸惑いましたけど、でも分かりやすい。普段から交通系ので最近払ってるので、変わりはないですね。(こちらの方が便利?)便利ですね」

スムーズな買い物ができる一方で、万引き対策など無人ならではの課題も浮かび上がります。店舗を運営するJR東日本のグループ会社のJR東日本リテールネットは、監視カメラを増やすほか、駅構内の別店舗のスタッフが巡回を行うなど防犯対策にも力を入れることにしています。

(JR東日本リテールネット盛岡支店・若狭寿寛営業課長)
「今回少しでも、アイテムは限られますけれども少しでもお客様が利用しやすくなればと思いまして、気軽に立ち寄って頂きたいと思います」

無人店舗の試行営業は28日から来月10日まで行われ、課題を検証した上で本格稼働を目指します。

今日のニュースエコー

佐々木朗希ロッテ入団発表▽いわてこの一年(1)令和元年 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/12/09 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。