X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

新たに競走馬4頭からボルデノン検出/岩手

 2019年11月28日 18:54 更新

禁止薬物問題でレースが取りやめとなっている岩手競馬で、現在行われている全頭検査の結果、新たに競走馬4頭から禁止薬物が検出されたことがわかりました。陽性となった競走馬はあわせて12頭となりました。

県競馬組合は28日午後3時から緊急の会見を開き、検査結果について説明しました。

(県競馬組合・千葉義郎事務局長)
「盛岡競馬場の橘友和調教師が管理する競走馬4頭からボルデノンが検出された旨の通知を受けました」

岩手競馬では、今月10日に2着となった櫻田浩樹厩舎所属の馬から禁止薬物のボルデノンが検出されたことを受けてレースが取りやめとなっています。また全頭検査の結果、同じく櫻田厩舎所属の他の2頭からも検出されていました。今回新たにボルデノンが検出されたのは、橘友和厩舎のリュイールスター号とバトルクウ号、ゲットリズム号、コスモスピード号の4頭で、コスモスピード号以外の馬は今月上旬のレースにそれぞれ出走しています。一連の禁止薬物の陽性馬はこれであわせて12頭となりました。櫻田厩舎と橘厩舎は10メートルほど離れた隣同士で、県競馬組合は2つの厩舎に共通点がないか調べることにしています。全頭検査はこれまで722頭中474頭で終了していて、来月6日には完了する見込みです。県競馬組合はレースの再開について「1日も早く再開したいという考えに変わりはない」としています。

今日のニュースエコー

佐々木朗希ロッテ入団発表▽いわてこの一年(1)令和元年 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/12/09 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。