X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

一面「白い絨毯」に 県内一の産地でソバの花が見頃/岩手・紫波町 

2021年09月10日 18:58

 岩手県内一のソバの生産地の紫波町では、毎年この時期に咲く白いソバの花が一面に広がり満開となっています。

 紫波町宮手地内の畑です。ソバの花はお盆すぎから咲き始め、今がまさに見頃です。白い小さな花びらが青空の下、さわやかな秋の風に揺れています。紫波町はソバの生産量が県内一で、おととしの作付面積はおよそ385ヘクタールと県全体の20%以上を占めています。地元の生産者によりますと、7月に種をまいたソバは十分な日照時間と適度な雨で生育は順調で、例年より3日ほど早く先月中旬から開花し始めました。ソバ畑の周りには実りの季節を迎えた田んぼやコムギの畑も広がっていて、白いソバの花とのコントラストも楽しめます。ソバの花は今月下旬まで楽しめそうで、その後は三角形の黒い実をつけ10月上旬に刈り取りが行われます。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース