X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

盛岡で初雪観測 平年より14日遅く 山沿いは積雪/岩手

2021年11月24日 18:54

 盛岡地方気象台は23日夜遅くに盛岡で初雪を観測したと発表しました。岩手県内の山沿いでは雪が積もり交通機関に影響が出ました。

 盛岡の初雪は平年並みだった去年と比べ14日遅い観測です。県内は山沿いを中心に雪が積もり、宮古市の区界では11月の観測で過去最高となる31センチの積雪がありました。交通機関にも影響が出ていて、雪によるとみられる倒木でJR山田線は上米内と宮古の間で始発から一部の列車が運休しました。
 そんな中、盛岡市高松のタイヤ販売店は冬用タイヤへの交換作業に追われています。この店では毎年この時期1日30台ほどを受け入れていて、24日の朝も開店と同時に予約をした客が次々と訪れていました。
 店によりますと作業は今月いっぱい続くということです。気象台によりますと東北北部の上空に流れ込んだ寒気は週末まで居座る見込みで、28日日曜日にかけて山沿いを中心に断続的に雪が降る可能性があります。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース