X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

おにぎりが特に人気 「県産クルミ」で震災からの復興を支援/岩手・盛岡市

2022年05月08日 11:45

 岩手県内で東日本大震災からの復興支援に取り組む団体が、県産のクルミを使った手づくりの工芸品や食品などを販売するフェアを盛岡市内で開いています。

 「和ぐるみフェア・春」は、震災復興支援団体の「SAVE IWATE」が開きました。
 会場には震災で被災した人たちが手作りしたものや三陸沿岸の物産品など、約1000点が販売されています。中でも県産のクルミと、昆布の佃煮や味噌漬け大根を具にした「和ぐるみのおにぎり」は、フェア初日にはオープンから1時間ほどで売り切れるほどの人気でした。
 また、クルミの樹皮を使ったかごは、製作する職人の技を近くで見学することができます。
 「和ぐるみフェア・春」は盛岡市役所内丸分庁舎1階にある「りあすぱーく」で、9日まで開かれています。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース