X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

鍾乳洞で時を待つ 日本酒の熟成 今年も始まる/岩手・岩泉町 

2022年05月11日 15:48

 岩手県岩泉町の酒造会社が11日、町内の鍾乳洞・龍泉洞の貯蔵庫に新酒を運び入れました。熟成させ、秋に販売します。

 岩泉町の泉金酒造は7年前から新酒を龍泉洞内の貯蔵庫で熟成させる取り組みをしています。今年は一升瓶550本と720ミリリットル瓶2200本を運び入れました。
 この日本酒は県産の酒米「吟ぎんが」と龍泉洞の水で仕込んだもので、今年3月に絞った新酒です。洞窟内は紫外線の影響を受けず、年間通して10度前後に保たれていて、日本酒を熟成させるには絶好の環境です。
 搬入された日本酒は9月中旬まで熟成され、町内の道の駅など県内の取扱店やオンラインで販売されます。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース