X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

ドローン活用し「スマート農業」 省力化実現へ説明会/岩手・紫波町

2022年05月11日 18:54

 最新技術を駆使して農業を支えます。岩手県紫波町で11日、効率的な農作業を行うために開発されたドローンがお披露目されました。

 NTT東日本のグループ会社「NTT e-Drone Technology」が開発した農作業用のドローンは、全長93.5センチ、重さ7.3キロで、バッテリー1つでおよそ30分飛行できます。1ヘクタールの農地におよそ10分で農薬を散布することができるということです。
 11日は紫波町の県フットボールセンターで農業関係者向けの説明会が行われ、地上2メートルほどの高さからドローンが農薬に見立てた水をまく様子が公開されました。農家が噴霧器を背負って農薬を散布する場合と比べ、ドローンを使うと所要時間が6分の1に短縮できるということです。

(JA全農いわて営農支援課 佐々木歩課長代理)
「体にかかる負担、人手を考えるとかなり魅力的な技術だと思う」

 ドローンはすでに販売されていて、資格講習に合格すれば操作することができます。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース