X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

用水路に落ちた児童を救助 男性2人に感謝状/岩手・盛岡市

2022年05月13日 18:54

 5月7日に盛岡市内で小学4年生の女の子が用水路に転落し、けがをした事故で、警察は13日、女の子を助けた男性2人に感謝状を贈りました。

 感謝状が贈られたのは盛岡市在住のたて(舎へんに官)澤幸一さん(69)と佐々木秀彦さん(49)です。
 5月7日、盛岡市猪去の幅およそ5メートル、深さおよそ2メートルの農業用水路に小学4年生の女の子が誤って転落しました。この時、近くで農作業をしていたたて澤さんと佐々木さんが女の子の姉が助けを呼ぶ声を聞いて用水路に駆けつけ、園芸用の支柱や脱いだ農作業用の服に女の子をつかまらせて救助しました。

(たて澤幸一さん)
「腕を捕まえて、その瞬間、助けた!と思った。本当に間に合って良かった」
(佐々木秀彦さん)
「無我夢中、とにかく助けるんだというのが(二人の)息のあったところ」

 感謝状を手渡した盛岡東警察署の中屋敷修二署長は、二人の勇気ある行動に感謝の言葉を述べました。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース