X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

【速報】岩手で新たに965人の感染確認 前週比54人増 2人死亡 新型コロナ

2022年07月31日 15:00

 岩手県は31日、新型コロナウイルス感染症の患者2人が死亡したと発表しました。いずれも基礎疾患があり入院中で、1人は65歳以上、もう1人は65歳以下でした。県内で亡くなった人はあわせて109人となりました。
 また県と盛岡市は新たに965人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表しました。1週間前の同じ曜日(24日)より54人多く、3日ぶりに前の週の同じ曜日を上回りました。
 保健所別では盛岡市が258人、中部が218人、県央が209人、奥州が76人、一関が50人、久慈が45人、宮古が42人、大船渡が27人、釜石と二戸が20人ずつです。累計患者数は5万4619人となりました。
 年代別では10歳未満が194人、40代が157人、30代が150人、10代が120人、20代が115人、50代が84人、60代が77人、70代が36人、80代が18人、90歳以上が14人となっています。
 新たに盛岡市の高齢者施設、奥州保健所管内の教育・保育施設、大船渡保健所管内の職場、久慈保健所管内の職場と高齢者施設であわせて5件のクラスター(感染者集団)が発生しています。
 入院中の患者は151人で、病床使用率は34.7%。自宅療養中の患者は7589人です。
 直近1週間の人口10万人あたりの新規患者数は県全体が515.0人、盛岡市が648.1人です。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース