X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

7月の県内企業倒産は4件 販売の不振 円安・原油高で今後状況悪化の可能性も/岩手

2022年08月04日 11:58

 7月の岩手県内の企業倒産は4件で、負債総額は3億6200万円あまりと去年の同じ時期の2倍となりました。

 東京商工リサーチ盛岡支店によりますと、7月の岩手県内の負債総額1000万円以上の企業倒産は、遊技業や中古車販売など4件で、主な原因は販売不振でした。
 このうち新型コロナ関連の倒産は、釜石市の建築工事業の1件で、県内26件目となります。負債総額はあわせて3億6200万円あまりで、去年の同じ時期の2倍となりました。東京商工リサーチ盛岡支店は今後の見通しについて、「コロナ禍にあわせて加速する円安や原油高などの影響があり、倒産件数は今後、増勢に転じる可能性がある」と分析しています。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース